40→70 ギターでデビューする!

40歳でギターを始め、5年が経ちました(2018年現在)。無謀にも70歳までにデビューするという目標を立てているのだが、はたして……? 普段はライター業をしています。

ジャズ

耽美な大人の子守歌 ―― アンソニー・ウィルソンのテレキャスター弾き語り

これは、つい最近の出会い&忘れ物。 テレキャスターとジャズ、ということでいろいろ調べていて見つけたのが、アンソニー・ウィルソンというアーティストが弾き語りを披露している動画。 youtu.be アコギとは違う豊かな響き、たゆたうような音作りが、テレキ…

レスポール・ジュニアでジャズみたいな音楽はできるのか、という問いにひとつの答えが!? 〝Will it Jazz?〟が面白い

先日、ギブソンの 2019 年モデルの記事を見たのがきっかけで、ウチにあるレスポール・ジュニアをどうしようかと考えてみたのですが。 guitar-itsuka.hatenablog.com ロックンロール・ギターと称されることの多いレスポール・ジュニアですが、自分がやる音楽…

ギラッド・へクセルマンの “ドレミファソラシド~” が、かわいい(笑)

イスラエル出身のジャズ・ギタリスト、ギラッド・へクセルマンのトリオによる〝Do Re Mi Fa Sol〟という曲が素敵で、最近よく聴いています。 youtu.be YouTube のコメントにもありますが、ビル・フリゼール的なフィーリングがちょっとツボ、なのです。 テレ…

積み重なった人生を、なんとか前に進めるように ―― Grandfather's Waltz を聴きながら

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」 自分が酒好きなのは、確実に祖父の影響だと思います。 ちょっと外出すると、帰りにどこかで一杯やっていきたくなる。帰ってきたらきたで、一杯やりたい。実家にある仏壇の前に立つと、自分の顔は、特に口元が祖父…

ダブル・ストップの魔法 ―― スコッティ・アンダーソンのあふれ出るようなフレーズに感動

Premire Guitar に「スコッティ・アンダーソンによるダブル・トップの魔法」という記事が UP されていました。 www.premierguitar.com 僕は不勉強にも彼のことを知りませんでした。アメリカ・シンシナティを拠点に活動しているギタリストで、アルバムも何枚…

ジャズマスターを弾く小沼ようすけと井上銘の動画が素敵すぎる

フェンダーが先日 UP した動画「Why We Play : 小沼ようすけ & 井上銘」を観ました。 素晴らしい。。 www.youtube.com ジャズマスター誕生60周年を記念したイベント「FENDER JAZZ CLUB」に先立ってのものですが、普通に観てて面白いです。2人のトークもバラ…

思わず旅に出たくなってしまう美しい音世界 ガブリエル・カハネ『BOOK OF TRAVELLERS』を聴く

コンポーザー/シンガー・ソングライターのガブリエル・カハネの新しいアルバム『BOOK OF TRAVELLERS』を聴きました。 こちらで聴くことができます。 gabrielkahane.bandcamp.com 彼のことは、ジュリアン・ラージが紹介していて知りました。そして、このジャ…

ビル・フリゼールとニルス・クラインのセッションに見たギタリストの真骨頂(あるいは、悲しい性)

ふと見つけた、ビル・フリゼールとニルス・クラインのセッション。 youtu.be 音響系というのか、そういうのに傾倒しつつも、ノイズにならず音楽(メロディ)として成り立たせるバランス感覚が素晴らしいなぁ、と思います。 しかし。 観ていると、ペグだった…

マーティン・ミラーとトム・クウェイルによるセッション動画の新作はパット・メセニー〝Travels〟!

いつも新しい動画がUPされるのを楽しみにしている、マーティン・ミラーとトム・クウェイルによるセッション動画の新作が公開されました。 2人ともアイバニーズの AZ シリーズのシグネチャー・モデルを使っています。 youtu.be 今回は、たまたま先日話題にし…

我儘であるということはリスナーの特権だということを、ケニー・ランキンを聴いて改めて。

昨日の続き、です。 guitar-itsuka.hatenablog.com そういえば、〝I've Just Seen a Face〟のカヴァーといえば、ケニー・ランキンを忘れていました。 この、ライブアルバムに収められています。 ?The Bottom Line Archive Series: Plays the Beatles & More …

2人の確とした「歌」が織り成す幸福な音楽――スクリ・スヴェリッソンとビル・フリゼールのセッションは一足早い豊穣な秋の雰囲気

ビル・フリゼルが Instagram 新しい動画を UP していたので、気になって YouTube を探してみたら、ありました。 アイスランド出身のベーシスト/作曲家、スクリ・スヴェリッソンとのセッションです。 youtu.be これが、また素晴らしい……。スヴェリッソンのベ…

オリジナルである、というのは大切だと思う パット・メセニー〝Travels〟から、まさかのアイバニーズ 〝Talman〟へ。

オリジナルの曲を作ろうと決めて、しかしそれから遅々として、というか全く進んでいないのですが……。 「曲を作るぞ」と決めたことさえ忘れてしまうことのないように、このように記事を書いていたりするのです。。 guitar-itsuka.hatenablog.com それで、自分…

ヤマハのパシフィカを弾くビレリ・ラグレーン

先日観ていた動画で、シルヴァン・リュックと共演していたビレリ・ラグレーンの動画をいろいろ観ています。 guitar-itsuka.hatenablog.com シルヴァン・リュックとは2009年にもデュオのアルバムを出しているそうな。 youtu.be そのアルバム『Summertime』か…

音楽の進行を解く鍵は、ターンアラウンドにあり?

最近、いろいろとコード進行とかハーモニーとか、そういう関連の記事を見ては練習してみて、ようやく音楽のしくみというのか流れというのか進行というのか、、そういうのを考える楽しみが分かってきたような気がします。 ※ 実際は家で一人でやってるだけなの…

「青春の忘れ物」、再び……。 シルヴァン・リュックの黒くはないけど熱いジャズ・ギター

昨日、トム・イバラのウェブサイトを見ていたら、シルヴァン・リュックの名前が出てきて、懐かしくなってしまいました。 guitar-itsuka.hatenablog.com もう20年くらい前になるだろうか、この、ギター・トリオ作品を確かディスクユニオンで買って、かなり愛…

フランスの若きジャズ・ギタリスト トム・イバラを知る

アイバニーズの YouTube チャンネルで、トム・イバラというフランスのギタリストを知りました。 youtu.be ちょっとパット・メセニーみたいな香りも感じます。ロックとかも好きなんでしょう。 彼がこの動画で使っているのは、Artcore Expressionist シリーズ…

曲の「骨格」を考えること シンプルな構成の曲から探るハーモニーの可能性

Premire Guitar に〝Lonesome Chords: A Simple Song Opens Harmonic Doors〟というページがありました。 www.premierguitar.com 「シンプルな構成の曲から探るハーモニーの可能性」みたいな感じでしょうか。 ハンク・ウィリアムスの代表曲〝I’m So Lonsome …

奥底に流れる確としたブルース チャールズ・ロイド & ザ・マーヴェルズ + ルシンダ・ウィリアムスの『Vanished Gardens』を聴く

改めて、チャールズ・ロイド & ザ・マーヴェルズ + ルシンダ・ウィリアムスの『Vanished Gardens』を聴きました。 VANISHED GARDENS アーティスト: CHARLES & THE LLOYD 出版社/メーカー: BLUEN 発売日: 2018/06/29 メディア: CD この商品を含むブログを見…

洗練されたお洒落な不良(?) T-ボーン・ウォーカー

MusicRadarに「Tボーン・ウォーカー・スタイルの5つのギター・リック」みたいな記事がUPされていました。 www.musicradar.com 「モダン・ブルース・ギターの父」とも呼ばれるT-ボーン。僕は学生の頃に観た『ブルードレスの女』で知りました。 青いドレスの女…

ルシンダ・ウィリアムスの歌の凄みにゾクっとする チャールズ・ロイド&ザ・マーヴェルスの新譜は要チェック!

ビル・フリゼールも参加するチャールズ・ロイドのバンド、ザ・マーヴェルスの新作『Vanished Gardens』に、ヴォーカルとしてルシンダ・ウィリアムスが参加しているようです。 ウィリアムスとフリゼールは、近年のウィリアムスのアルバムをはじめ共演を重ねて…

メタルなギターでジャズ!? N Stuff Musicの動画〝Will it Jazz〟が面白い

アメリカ・ピッツバーグの楽器店、N Stuff Musicがジャズ・ギタリストのガヴィン・ホーニングと始めた動画シリーズ〝Will it Jazz〟を観ました。 youtu.be メタル御用達みたいな、つまりは「これでジャズなんか絶対にやらないだろう」というギターでジャズを…

フィンガースタイルも、エレキとエフェクトで表現すると都会の虚ろな音楽に ジェイミー・スティルウェイ『City Static』を聴く

Fretboad JounalがUPした、ジェイミー・スティルウェイというギタリストの動画を観ました。 youtu.be こういう音楽、好きです。いつかやってみたい。じゃなくて、できるようになりたい…ダウンチューニングかな?? この繊細な音の選び方とか、エフェクトのか…

ジャズに使えるB.B.キングのフレーズ

Guitar Worldのサイトで、ジャズに使えるB.B.キングのフレーズ、みたいなページがありました。 www.guitarworld.com ぶっちゃけ、メロディをなぞるだけだったらそれほど難しくないのだと思いますが、これはもう、ニュアンス勝負なんだろうなぁ。。 もうブル…

ジャズ・ピアノのヴォイシングから、自分のギターで出したことのない響きがまだまだたくさんあることを学ぶ

先日のカントリーのリックをブルースに取り入れるレッスンに続いて。 guitar-itsuka.hatenablog.com 今日はジャズ・ピアニストのコード・ヴォイシングをギターに取り入れる、というレッスンをやってみました。 www.premierguitar.com ま、やってみたというか…

当時20代のウェイン・ショーターの「ほとばしり」がすごい 四半世紀ぶりに聴いたアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズのインパルス盤

昨日の続きというか、書き忘れたことを。 guitar-itsuka.hatenablog.com 思い起こすと、僕が〝Gee Baby ~〟を初めて聴いたのは、学生時代に、おそらくこのアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズのアルバムでのこと。ということで、四半世紀ぶり…

ブルースとジャズの架け橋 〝Gee Baby, Ain't I Good To You〟

ジョン・スコフィールドの2011年のアルバム『A Monent's Peace』を聴いています。 ア・モーメンツ・ピース アーティスト: ジョン・スコフィールド 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック 発売日: 2011/05/18 メディア: CD 購入: 1人 クリッ…

音楽の瞬間は、やっと掴んだ! と思ったらスルスルと指の間を抜けて 〝Waiting in Vain〟

オズ・ノイのバンド・プロジェクト、Ozone Squeezeのアルバムから、ボブ・マーリーのカヴァー〝Waiting in Vain〟を聴きました。 youtu.be レゲエっぽさが消えて、まるでポップスのようだけど、この曲の持つ切なさみたいなものがディフォルメされているよう…

やっぱりテレキャスターって万能でカッコイイと思う ガスリー・トラップの新作『Life After Dark』を聴く 

お題「マイブーム」 ナッシュビルを拠点にするギタリスト、ガスリー・トラップの新しいアルバム『Life After Dark』を聴きました。 Life After Dark アーティスト: Guthrie Trapp 出版社/メーカー: Guthrie Trapp 発売日: 2018/03/30 メディア: MP3 ダウンロ…

春は不安定で、そして憂鬱な季節? 〝Spring Can Really Hang You Up The Most〟

今週のお題「わたしの春うた」 昨日は夏日で外を歩くと汗ばんでしまったけれど、今日は少し肌寒い。 「春」というと、どこかウキウキする季節というイメージがあるけれど、同時に妙に不安定で、なかなか落ち着かない季節でもあると思います。「今年こそは何…

「あまおう」と「ストロベリー何とか」 亡き父の想い出とともに

お題「いちご」 「ビートルズっていえば、『ストロベリーなんとか』ってのがあったよなぁ」 10年前、病床で父親がふと言いました。 がんでもう先が長くない。そんな状況で見舞いに行った際、僕がリヴァプールやロンドンに行って、ビートルズに縁のある場所を…