40→70 ギターでデビューする!

ヤマザキです。40歳でギターを始め、6年が経ちました(2019年現在)。無謀にも70歳までにデビューするという目標を立てているのだが、はたして……? 普段はライター業をしています。

ジャズ

〝It Runs Through Me〟的なやつ 今日のチャレンジ 200512

ふと、今っぽいやつにもチャレンジしたいな、と思い。 みんな大好きトム・ミッシュの〝It Runs Through Me〟とかいいんじゃね? と考えてしまったのです。 それでやってみたのはいいのですが、、これはコード進行が同じなだけで、まぁ、別モノですね。。 www…

ジュリアン・ラージ〝Emily〟のライブが素晴らしすぎる

ヤバい、素晴らしすぎる。。 www.youtube.com どうしたらこんなにずっと絶え間なく指が動き続けるのだろう。。

〝Ryland (Under the Apple Tree)〟今日のチャレンジ 20200418

お題「#おうち時間」 せっかくだから、前にやろうと思ったけれど、あれこれ考えた挙句に結局やめてしまった曲なんかにもチャレンジしてみようと思ったのです。 ということで、去年の今ごろあたりに考えていた〝Ryland (Under the Apple Tree)〟を、やってみ…

【恥 その2】Ain't Nodody's Buisiness 200404

さて、昨日始めた練習が、まさか三日坊主にもならない、なんてことを避けるため、、今日もやりました。 guitar-itsuka.hatenablog.com 今日は、ギターを始めて 2 番目に習った曲、〝Ain't Nobody's Buisness If I Do〟です。 guitar-itsuka.hatenablog.com …

テオ・カッツマン → コーリー・ウォン → ブレイク・ミルズ

先月、ちょっとしたホール&オーツ祭りがあって、〝Rich Girl〟なんてやってみたいなぁ、なんて思っていたのですが。 guitar-itsuka.hatenablog.com その流れで行きついたのが、テオ・カッツマンというアーティスト。 www.youtube.com ロックン・ソウル(!…

デヴィッド・サンボーンのセッションが素敵

デヴィッド・サンボーンがセッション動画のシリーズを始めていて、ジョナサ・ブルックをゲストに迎えたものがアップされていました。 ギターはチャーリー・ハンターです。 、www.youtube.com ジャズやフュージョン、ソウル系の人よりも、彼女のようなフォー…

ジュリアン・ラージ・シグネチャーのエレキギターがついに来た

Collings からジュリアン・ラージのシグネチャー・モデルが出るそうです。 2~3 年前にアコギが出て、今回はついにエレキ! Julian Lage on Instagram: “My dear friends at @collingsguitars have created my dream instrument. Every detail stems from th…

トム・ウェイツ 〝The Heart of Saturday Night〟をジェイミー・カラムが歌う

ジェイミー・カラムの動画シリーズ、Song Society に、トム・ウェイツの〝(Looking For )The Heart of Saturday Night〟がアップされていました。 いやぁ、渋い……。 www.youtube.com 去年はジョニ・ミッチェルのカヴァーをしていたのですね。 guitar-itsuk…

ビル・フリゼールとジュリアン・ラージのデュオ・ツアー

今日の「わぁ!」 ビル・フリゼールとジュリアン・ラージのデュオ・ツアーが始まる(始まった?)ようです。 観られる人がうらやましいです。 Bill Frisell on Instagram: “Duo. . Photo: Claudia Engelhart . . . #julianlage @jlage #billfrisell #claudia…

ロニー・アールが静かに弾きたおす〝Round Midnight〟

ふと思い出した「青春の忘れ物」を。 アメリカのブルース・ギタリスト、ロニー・アールが自身のバンド、ブロードキャスターズを率いて演奏するセロニアス・モンクの〝Round Midnight〟。 www.youtube.com 1997年のアルバム『Colour of Love』に収録されてい…

ビル・フリゼール 〝On The Street Where You live〟

今日の「わぁ!」。 チェロの人も歌うというのは見たことがないので、新鮮です。 www.youtube.com ビル・フリゼールの新作『HARMOMY』より〝On The Street Where You live〟。 ハーモニー アーティスト: ビル・フリゼール,ペトラ・ヘイデン,ハンク・ロバーツ…

サマンサ・フィッシュからドミニク・ミラーまで ―― 最近気になったもの

最近気になったものをいくつか。 まず。 youtu.be サマンサ・フィッシュの新曲。来月リリースされるニュー・アルバムはラウンダー・レコードから出るそうで。かなり気合が入った感じです。 レーベルを移籍して、これからガンガン売り出そうというところで、…

西に向かいながら〝Flying East〟を聴く。―― 旋回するアエロフロートに乗って

この前、むかしの記憶を掘り起こしてみたら結構楽しかったので、、もうちょっと続けてみようかと。 guitar-itsuka.hatenablog.com このときはスウェーデンとデンマークに行ったのだが、そもそも海外旅行も初めてなら、飛行機に乗ることも初めてだったのだ。…

ビル・フリゼール・トリオ@BLUE NOTE TOKYO ―― 深くて大人な音楽を聴きました。

今日は、ビル・フリゼール・トリオの公演を観に、BLUE NOTE TOKYO に行ってきました。 仕事の都合で行けるかどうかは最後まで分からなかったのですが、最後はえいやと当日予約してしまい……(笑)。 まぁ、とにもかくにも、観られたのです。 約 90 分間、ほぼ…

次の曲を変更 ―― ジュリアン・ラージの曲にチャレンジしてみようか

さて、早いものでもう発表ライブから一週間が経ってしまいました。 guitar-itsuka.hatenablog.com そろそろ、秋に向けて曲を選んだりとか、また始動していかないとなぁ、ということで。 GW にも次のことを考えてはいました。 guitar-itsuka.hatenablog.com …

再び、青春の忘れ物 ―― ケヴ・モのオシャレなブルース・ナンバー〝France〟

NPR の動画シリーズにケヴ・モが登場していました。 ベースのクリスチャン・マクブライド、トランペットのジェニファー・ハーツウィックとのトリオで〝France〟を披露しています。 youtu.be 終始リラックスしてていいムード。ケヴ・モとマクブライドの顔での…

ビリー・ストリングスとマーカス・キングの〝Summertime〟が渋くて素敵

これは素敵だと思いました。 ビリー・ストリングスとマーカス・キング、1990 年代生まれの 2 人による〝Summertime〟。 youtu.be 2 人とも若いのに、渋い。渋すぎる……。 ビリー・ストリングスはブルーグラス、マーカス・キング(来月来日するらしい)はブル…

ノラ・ジョーンズから映画『グランドフィナーレ』まで ―― 最近気になったもの

最近気になったものや、いいなぁと思ったものなどを、まとめて。 ノラ・ジョーンズとジェフ・トゥイーディーのコラボは素敵だなぁ。 youtu.be youtu.be どこか、夢の中というか、どこか遠いところ(実はとっても怖いところかもしれない……)に連れて行ってく…

青春(?)のプチ忘れ物、ジェイミー・カラム

去年のクリスマスにUP された動画ですが、ジェイミー・カラムがジョニ・ミッチェルの〝River〟をカヴァーしていました。 youtu.be この〈Song Society〉というセッション・シリーズ、いろんなカヴァーが聴けてかなり面白いです。You Tube で観れば横っちょの…

ジュリアン・ラージ ~ アンディ・ティモンズ ~ アリエル・ポーゼン ~ コーリー・ウォン ~ カート・ヴァイル ―― 最近気になったもの

この一週間で、気になった動画を一気にリンクしてみます。 youtu.be ジュリアン・ラージの新作から、2nd ビデオ・クリップ。ロイ・オービソンのカヴァー。ギター歌ってるなぁ、、素晴らしすぎる。。カメラのアングルもグッド。 そしてグレッチ、カッコいい………

ビル・フリゼールの〝You're My Sunshine〟に音楽のすべてがある

ビル・フリゼールがソロで弾く〝You're My Sunshine〟の動画がアップされていました。 youtu.be あぁ、やっぱり、いいなぁ。。 この 3 分ほどの中に、そして決して多くはない音数の中に、音楽のすべてがあるような。 具体的にどこがどうで、ということは言え…

まさかのグレッチ!! でも変わらぬ音 ―― ジュリアン・ラージの新作が待ち遠しい

今さらではありますが。 ジュリアン・ラージの新作『ラヴ・ハーツ』からの第一弾クリップ、オーネット・コールマンの〝Tomorrow Is The Question〟が素晴らしい。。 youtu.be 今回はトリオのメンバーも替え、選曲も1960 ~ 70 年代のナンバーを中心に構成さ…

今年は〝Buckdancer's Choice〟を練習しよう ―― ガスリー・トラップのように弾いてみたいなぁ

今月の初めに、今年やりたい曲なんてのを書きだしてみたのですが。 guitar-itsuka.hatenablog.com 「3カ月後、半年後に改めて読み返して、自分の羅針盤に~」なんて書いて締めてますが、今から半年ぐらい前って何を書いてたんだと思ったら。 そうだ、ガスリ…

ジュリアン・ラージ・トリオ @ COTTON CLUB ―― やばすぎるほどに凄い演奏の次には、彼の「隙」を感じてみたい

昨日は、ジュリアン・ラージ・トリオの来日公演を観に、丸の内の COTTON CLUB に行ってきました。 今年発表されたアルバム『Mordern Lore』がとっても素晴らしかったので、その中の曲や、今やすっかり彼の代名詞的なギターとなったテレキャスター(正確には …

耽美な大人の子守歌 ―― アンソニー・ウィルソンのテレキャスター弾き語り

これは、つい最近の出会い&忘れ物。 テレキャスターとジャズ、ということでいろいろ調べていて見つけたのが、アンソニー・ウィルソンというアーティストが弾き語りを披露している動画。 youtu.be アコギとは違う豊かな響き、たゆたうような音作りが、テレキ…

レスポール・ジュニアでジャズみたいな音楽はできるのか、という問いにひとつの答えが!? 〝Will it Jazz?〟が面白い

先日、ギブソンの 2019 年モデルの記事を見たのがきっかけで、ウチにあるレスポール・ジュニアをどうしようかと考えてみたのですが。 guitar-itsuka.hatenablog.com ロックンロール・ギターと称されることの多いレスポール・ジュニアですが、自分がやる音楽…

ギラッド・へクセルマンの “ドレミファソラシド~” が、かわいい(笑)

イスラエル出身のジャズ・ギタリスト、ギラッド・へクセルマンのトリオによる〝Do Re Mi Fa Sol〟という曲が素敵で、最近よく聴いています。 youtu.be YouTube のコメントにもありますが、ビル・フリゼール的なフィーリングがちょっとツボ、なのです。 テレ…

積み重なった人生を、なんとか前に進めるように ―― Grandfather's Waltz を聴きながら

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」 自分が酒好きなのは、確実に祖父の影響だと思います。 ちょっと外出すると、帰りにどこかで一杯やっていきたくなる。帰ってきたらきたで、一杯やりたい。実家にある仏壇の前に立つと、自分の顔は、特に口元が祖父…

ダブル・ストップの魔法 ―― スコッティ・アンダーソンのあふれ出るようなフレーズに感動

Premire Guitar に「スコッティ・アンダーソンによるダブル・トップの魔法」という記事が UP されていました。 www.premierguitar.com 僕は不勉強にも彼のことを知りませんでした。アメリカ・シンシナティを拠点に活動しているギタリストで、アルバムも何枚…

ジャズマスターを弾く小沼ようすけと井上銘の動画が素敵すぎる

フェンダーが先日 UP した動画「Why We Play : 小沼ようすけ & 井上銘」を観ました。 素晴らしい。。 www.youtube.com ジャズマスター誕生60周年を記念したイベント「FENDER JAZZ CLUB」に先立ってのものですが、普通に観てて面白いです。2人のトークもバラ…