40→70 ギターでデビューする!

ヤマザキです。40歳でギターを始め、6年が経ちました(2019年現在)。無謀にも70歳までにデビューするという目標を立てているのだが、はたして……? 普段はライター業をしています。

まるで「楽器の王様」ウードを思わせる H-Guitarsの(謎の)ギター

久々に、面白いギターを見つけました。

 

 

ドイツ・ベルリンで行われたHoly Grail Guitar Showに出展した、HーGuitarsというメーカー(どうもHAMERの姉妹ブランドのようです)のギター。

 

まず最初に目を引くのは、まるで、ギターの遠い遠い祖先で、その美しさから「楽器の王様」とも呼ばれる中東の弦楽器ウードを思わせるような象牙(?)の細工。ここはサウンドホールの役割を果たしているのでしょうか。

 

これは、イスタンブルの楽器屋さんにあった、比較的安価なウード。

f:id:yamazaki410:20180417121241j:plain

 

 

そして、リュートにも受け継がれた角度の深いヘッドの角度。ちなみにヘッドの形状は日本の三味線のようでもあります。

 

この、TAO GUITARも同じようなヘッド形状でした。

guitar-itsuka.hatenablog.com

 

ピックアップはリアにハムバッカーが一発と、ラップアラウンド・ブリッジ。よく見るとボリュームやトーンのノブが見当たりません。ギター側面にあるのか、それともまさかのエレアコなのか……ますます興味が沸いてきます。

 

youtu.be

この動画の後半にちょっと出てきますが、試奏の動画はありません。

 

 

 

 

ちょっと古い投稿ですが、チープ・トリックのリック・ニールセンがこのギターのプロトタイプを持ってます。彼はHAMERのギターを使っていることで知られていますね。

 

どうもまだ謎の多いギターですが、引き続き調べてみようと思います。