40→70 ギターでデビューする!

40歳でギターを始め、5年が経ちました(2018年現在)。無謀にも70歳までにデビューするという目標を立てているのだが、はたして……? 普段はライター業をしています。

ビル・フリゼール “It Should’ve Happened a Long Time Ago”

Fretboad Jounalに、ビル・フリゼールの新しい動画がUPされていました。

 

youtu.be

 

www.fretboardjournal.com

 

 

ビル・フリゼールのことは20年くらい前に知ったのですが、アメリカーナというのか、擬似郷愁というのか、どこか自分を遠いところに連れていってくれるようで、気に入って結構聴いていました。

ギターを始めてからは、また違う視点で聴けるようになったような気もします。

この少ない音数で独自の音世界を構築する表現力とか、ハーモニクスの美しさとか、空間系ペダルの使い方とか。彼は、ビートルズボブ・ディランの曲もこんな感じで自分のモノにしてしまう。すごいな。

 

www.youtube.com

 

 

話は戻って、この曲は、ドラマーのポール・モチアンの曲で、ECMから発表されたオリジナルではモチアンとフリゼール、そしてサックスのジョー・ロヴァーノの3人で演奏されているようです。

 

youtu.be

ECMらしい、静けさを感じる不思議な感覚。これも聴く者を遠くに、あるいは自分の中の深いところに連れていってくれる。

 

素晴らしい音楽というのは、人を旅に誘うものだと思います。

そして、そんな音楽に出会えることは、とても幸せなことだなぁ、といつも思います。

 

練習していれば、いつか、僕もフリゼールみたいに弾ける日が来るだろうか……。

来ないよね、というほうに1,000ユーロ賭けましょう。