40→70 ギターでデビューする!

40歳でギターを始め、5年が経ちました(2018年現在)。無謀にも70歳までにデビューするという目標を立てているのだが、はたして……? 普段はライター業をしています。

フランスの若きジャズ・ギタリスト トム・イバラを知る

アイバニーズの YouTube チャンネルで、トム・イバラというフランスのギタリストを知りました。

 

youtu.be

ちょっとパット・メセニーみたいな香りも感じます。ロックとかも好きなんでしょう。

彼がこの動画で使っているのは、Artcore Expressionist シリーズのセミアコ、AS 93。昔、一度お店で試奏させてもらったことがあります。中国生産の比較的廉価なラインだけど、別にそんなことは気にならないほどの精度だったのを憶えています。

 

しかし、若そうだな、と思って彼のウェブサイトを覗いてみたら、なんと1999 年生まれ! 今年 19歳。。いやぁ、可能性のカタマリですね。

 

youtu.be

 15 歳でスティーヴィー・レイ・ヴォーンの〝Riviera Paradice〟を、オサレなカフェで弾く、の図。憎いほどに落ち着いて弾いています。この頃からアイバニーズのユーザーだったんですね。

そして、後ろのおじさんが気になる(笑)。

 

さて。

そういえば、先日、取材で「上手い人は機材を選びませんよね」という話になりました。それはカメラの話でそうなったのですが、上手い人はどんな機材でも上手に使いこなし、結果として、いい機材を使ったのと何ら変わらない「その人の作品」を作り上げてしまう、と。

ギターでもそうなのでしょう。

 

あと。

自分も Artcore Expressionist シリーズのギターを持っていたことを、思い出しました。

 

f:id:yamazaki410:20180719122732j:plain

フロントにハムバッカーを載せたフルアコ。「これ、パット・メセニー・モデルと同じ形なんスよ」とかお店の人に言われて、その気になって買ったはいいけれど、なかなか使いこなすことができず、、去年、同じ先生に習ってる仲間に安く譲ってしまった。

先日の発表会で久しぶりに対面したけれど、僕が持っていた頃よりも素直でいい音が出ていたなぁ……。

まぁ、遠い目をする前に、もっと練習しなければ。。

それと、トム・イバラももっと聴いてみようと思います。