40→70 ギターでデビューする!

ヤマザキです。40歳でギターを始め、6年が経ちました(2019年現在)。無謀にも70歳までにデビューするという目標を立てているのだが、はたして……? 普段はライター業をしています。

機材はすぐに売らずに持っておくものですね ―― 久々に引っ張り出したベリンガ― GDI21

さて、気が付いたら発表ライブが来月に迫ってきていたのですが。

先日のレッスンの際、先生が何気ないひと言。

 

「会場のミキサー、シールドを差すと後ろから回さないといけなくて、時間がかかっちゃう。片方がフォーンで片方がマイクの XLR になってるのがあるから、ミキサー直にするならそれがあるといいですよ」

 

guitar-itsuka.hatenablog.com

 

 

え?

それって、こういうの??

www.soundhouse.co.jp

 

うーむ、よくわからないなぁ、どうしよう、と思っていたところで。

 

そういえば、むかし、右も左も本当に分からない頃に、とりあえずエフェクターがほしい! と思って買ったのがあるなぁ、と思い出したのです。

ベリンガ―の、GDI21。これって、マイクケーブルでミキサーにつなげられるんじゃ?

f:id:yamazaki410:20190423175451j:plain

 

www.soundhouse.co.jp

 

DI 出力できるようになってるから、これを使ってミキサーにつなげば問題ないんじゃないか。。

f:id:yamazaki410:20190423175836j:plain

 

ということで、年かぶりに引っ張り出して、使ってみました。

これは 3 種類のアンプがモデリングされていて(フェンダー、マーシャル、メサブギー)、モードもクリーン、ハイゲイン、ホットと 3 段階あって、幅広い音作りが可能、とのこと。

これの元ネタがサンズアンプ、とのことですが、本物を使ったことがないから、全然問題なし(笑)。

 

実際、最初買ったときは、歪んだ音が出るのがうれしいだけで、だけど「こんな歪んだ音を使う曲、自分はやらないよね」と押し入れにしまってしまいました。

 

だけど、今回、改めて使ってみたら、クリーンもいいし、何しろいろんな音が出せる。

やばい、本番でもこれ使えばいいんじゃね? と思った次第で。

 

まぁ、空間系と組み合わせるときはどうすればいいのか、まだまだ分からないことだらけ、なのですが、いろいろ調べてみるとしよう。

今週末、レッスンがあるので、まずそこでスタジオのマイクケーブルを使って実験だ。

 

やっぱり機材はすぐに売っちゃたりせずに持っておくものですね、というのと、機材も含めて楽器なんですね、エレキギターは、と改めて。