40→70 ギターでデビューする!

ヤマザキです。40歳でギターを始め、6年が経ちました(2019年現在)。無謀にも70歳までにデビューするという目標を立てているのだが、はたして……? 普段はライター業をしています。

ジュリアン・ラージがルシンダ・ウィリアムスの曲を、T.K.スミスのギターで弾いている

現在アメリカで行われている、マーガレット・グラスビーとジュリアン・ラージのツアー。

 

guitar-itsuka.hatenablog.com

 

ルシンダ・ウィリアムズの〝Fruits of my Labor〟を演奏しています。

 

youtu.be

 

グラスビーは〝Fruits ~〟をレパートリーにしているようなので、ビックリするような選曲ではないのでしょうが、ジュリアン・ラージが一緒となると話は別。

 

guitar-itsuka.hatenablog.com

 

しかも、弾いているのはT.K.スミスのギター!

 

guitar-itsuka.hatenablog.com

 

T.K.スミスはホロウ・ボディになっているようで、今や彼のトレードマークとなっているテレキャスター(正確にはNacocaster)と比べて太くて温かい音。エアリーな感じもします。

 

それにしてもラージのソロは控えめながら、とってもエモーショナル。あぁ、素晴らしすぎる。。