40→70 ギターでデビューする!

ヤマザキです。40歳でギターを始め、6年が経ちました(2019年現在)。無謀にも70歳までにデビューするという目標を立てているのだが、はたして……? 普段はライター業をしています。

まさかのグレッチ!! でも変わらぬ音 ―― ジュリアン・ラージの新作が待ち遠しい

今さらではありますが。

 

ジュリアン・ラージの新作『ラヴ・ハーツ』からの第一弾クリップ、オーネット・コールマンの〝Tomorrow Is The Question〟が素晴らしい。。

 

youtu.be

 

今回はトリオのメンバーも替え、選曲も1960 ~ 70 年代のナンバーを中心に構成されているということで、早く他の曲も聴いてみたい。どんなアレンジにしてるんだろ。

 

ジュリアン・ラージ / ラヴ・ハーツ (Julian Lage / Love Hurts) [CD] [Import] [日本語帯・解説付]

ジュリアン・ラージ / ラヴ・ハーツ (Julian Lage / Love Hurts) [CD] [Import] [日本語帯・解説付]

 

 

そして、ギター・ファンだったら、上のクリップで彼が手にしているギターを見てハッとしたことでしょう。

 

そう。

テレキャスターじゃない。

まさかまさかの、、グレッチの Duo Jet ……。

そうきたか、、という言葉はまさにこのためにあるような(笑)。

 

どうも、Wilco のジェフ・トゥイーディーのもの(借りたのか、譲られたのかはよく分からないのですが……)らしい。

 

しかし、ジャズでグレッチの、ホロウ・ボディでもなくソリッドの Duo Jet だなんて、もうファンの心をくすぐりまくり。

 

だけど、音はテレキャスの時とあまり差が分からなく……(爆)。

 

つまりは、要は大事なのはギターの種類じゃないんだと……(大爆)。持つべきは「自分の音」だよなぁ。。

 

まぁでも、ギターを変えたら気分はアガりますね(納得 w)。

 

私の場合はギターを変える余裕もありませんが(涙)、これを聴いて自分らしい音というのはどうあるべきなのか、考えながら練習しようと思います。・