40→70 ギターでデビューする!

ヤマザキです。40歳でギターを始め、6年が経ちました(2019年現在)。無謀にも70歳までにデビューするという目標を立てているのだが、はたして……? 普段はライター業をしています。

男もすなる(?)ルシンダの歌

昨日の記事に入れようとして、忘れていたのを、少し。

 

guitar-itsuka.hatenablog.com

 

ここで取り上げた、ルシンダ・ウィリアムスの〝Fruits of my Labor〟ですが、そういえば、マーガレット・グラスビーがカヴァーしていたのでした。

 

youtu.be

ゆったりと、たゆたうような歌の感じはそのまま、ギターはあくまでもアコギ的に使っていて、原曲とはまたひと味違う、歌の魅力を素直に伝えるような演奏だと思います。

ちなみに、ジュリアン・ラージのギターを使っています。

 

guitar-itsuka.hatenablog.com

 

そして、アメリカ西海岸のシンガー・ソングライター、ブレイク・ミルズもカヴァーしていました。

youtu.be

ゆったりしたテンポはそのまま、こちらはギター結構アレンジしていますね。ソウル風なバッキングを入れたと思ったら、なんというか、アメリカーナな妖しい感じも付け足しています。途中で入るハーモニクスがカッコいいな。。

彼のギターもカッコいい。このテレキャスター・スタイルのギター、フロントにはゴールドフォイル・ピックアップが載っていますね。

 

この感じ、ちょっと好きです。練習してみようかな。。

恥ずかしながら、彼のことは知らなかったのですが、これからいろいろ調べてみようと思います。

 

ウォールフラワー [feat. Blake Mills]

ウォールフラワー [feat. Blake Mills]

 

 ダイアナ・クラールのアルバムにゲストとして参加しているらしい。

 

こうして、自分にとって新しい音楽に出会えるのは、とても幸せなことだと思います。