40→70 ギターでデビューする!

40歳でギターを始め、5年が経ちました(2018年現在)。無謀にも70歳までにデビューするという目標を立てているのだが、はたして……? 普段はライター業をしています。

練習

たかが 10 分を、されど至高の 10 分に 練習時間を美しくしたい

ここのところ ギターに触れるのが 1 日に 10 分程度。 発表ライブ直前で、これは今までに経験したことのない大ピンチではあるが、これはこれで乗り切るしかない。乗り切るすべを、学ぶためのチャンスとして捉えよう。 と、そんなときにジュリアン・ラージの…

奇跡(?)のフレーズ、なんてのが思わず出てしまうのも外で弾くことの醍醐味か? それとも経験不足のなせる業か

今日は、約 1 カ月ぶりのレッスンでした。 guitar-itsuka.hatenablog.com 前のレッスンから今日までの間に、自分で課したことははたくさんあったのですが、この何週間か予想外に仕事が立て込んでしまい(それはとてもいいことなのですが……)、特にここ 1 週…

ダブル・ストップの魔法 ―― スコッティ・アンダーソンのあふれ出るようなフレーズに感動

Premire Guitar に「スコッティ・アンダーソンによるダブル・トップの魔法」という記事が UP されていました。 www.premierguitar.com 僕は不勉強にも彼のことを知りませんでした。アメリカ・シンシナティを拠点に活動しているギタリストで、アルバムも何枚…

考えて応用する「つまみ食い」——「12 人の影響力あるギタリストのシグネチャー・スタイル」にトライ

Guitar Player のサイトに、「12人の影響力あるギタリストとその特徴的なスタイル」みたいな記事が UP されていました。時代順(?)に様々なギタリストと、タイトル通りにその代表的なフレーズが譜面付きで紹介されています。 www.guitarplayer.com 「教則…

カヴァーする曲は徹底的に聴きこむべきか、それとも逆に全く聴かずイマジネーションを膨らますべきか、という疑問

この何ヵ月か、ジュールズ・シアーの〝All Through The Night〟とハンク・ウィリアムスの〝Cold Cold Heart〟を練習しているのですが。 guitar-itsuka.hatenablog.com カヴァーをする場合、いろんな取り組み方があると思います。 例えば、オリジナルに忠実に…

課題は山積みだが、レッスンが「音楽を作る」という作業に近づいてきたのは嬉しいことだと思う

先日、ある合唱曲についての取材で、作曲家の先生にお話を伺ったのですが、そのときに印象に残ったのは、こんなアドバイス。 「みんなサビはとても上手に歌えるのだけど、そこに行くまでの部分が乱暴になりがち。例えば歌いだしのところとかで言葉や休符を意…

弦高が高いギターは、左手を鍛えるツールとなり得るか

今朝は、週末の恒例というか、例のストラトタイプのギターを出して、それで練習をしました。 guitar-itsuka.hatenablog.com ストラトタイプのボディはとても抱えやすいのだけれど、ともするとボリュームノブに右手が触れてしまう。ストレスを感じるまででは…

ジョー・サトリアーニによるアドバイスに共感 限られた時間のなかで効率のいい練習を考えなければ

GItar World の記事に、「ジョー・サトリアーニからの練習時間するアドバイス」みたいな記事がありました。2004 年の記事からだそうです。 www.guitarworld.com ざっと、以下のような感じでしょうか。。 1. ひとつのことを 1 時間以上やらない 脳が新しい情…

クラシックギターを弾くと、普段いかに楽をしてしまっているのか、手に取るように分かってしまう。

今日、いろいろギターをいじっていたら、妻から「このギターもちゃんと面倒みてくれ」と言われてしまいました。 彼女が中学生のときに、音楽の先生から譲り受けたクラシックギター。 アランフェスという、Takamine のブランドらしいです。クラシックギターは…

ストラト(タイプ)のギターに、一週間ぶりに弦を張ってみた。そして、、リアピックアップのトーンって、ついてないのか……。

先日家にやってきた、フレッシャーのストラトタイプのギターについての、続きです。 ネックが順反りだったので、トラスロッドで調整して、ある程度まで回したところで放置し、そのまま一週間経ちました。 guitar-itsuka.hatenablog.com guitar-itsuka.hatena…

1日練習しないと、次の日は恐い。とてつもなく、恐い。

昨日は、仕事やら何やらで、結局、練習をしませんでした。 はい。 言い訳以外の何物でもありません……。寝る前に5分でも10分でも、触ることはできたはず。それをしなかったというのは、すべて自分が悪い。 というのが前提なのですが。 ギターを始めたばかりの…

記憶力が落ちてきたなら、それを補う方法を考えなければ

ちょっとしたフレーズや、これ使えるかも! というアイデア。 そういったものって、練習中ではなく、例えばシャワーを浴びているときとか、トイレにいるときとか、何かほかのことをしている間に思いつくことが多かったりするのです。 ほかの方は分からないけ…

久々にアコギを取れば弾き語りができなく、アンプに繋いでソロの練習をしたら右手の指が痛くなったという情けない話

最近、いろいろと曲の進行とかについて調べて遊んだりしていて、まぁギターには触っていたのですが。 guitar-itsuka.hatenablog.com 分かってはいたのですが、肝心な、弾き語りというか、曲を通して演奏して、とりあえずカタチにする練習を怠ってしまってい…

音楽の進行を解く鍵は、ターンアラウンドにあり?

最近、いろいろとコード進行とかハーモニーとか、そういう関連の記事を見ては練習してみて、ようやく音楽のしくみというのか流れというのか進行というのか、、そういうのを考える楽しみが分かってきたような気がします。 ※ 実際は家で一人でやってるだけなの…

単調なコード進行に味付けをして遊んでみるとめっちゃ楽しい!

せっかくなので、先日見た記事の内容を、自分の練習に取り入れてみました。 guitar-itsuka.hatenablog.com シンプルなコード進行を持つ曲ほど、自分の色を付けやすい、と記事では言ってます。 僕が今取り組んでいる〝Cold Cold Heart〟もシンプルこの上ない…

曲の「骨格」を考えること シンプルな構成の曲から探るハーモニーの可能性

Premire Guitar に〝Lonesome Chords: A Simple Song Opens Harmonic Doors〟というページがありました。 www.premierguitar.com 「シンプルな構成の曲から探るハーモニーの可能性」みたいな感じでしょうか。 ハンク・ウィリアムスの代表曲〝I’m So Lonsome …

レッスンに行ってきた ギターをここまで諦めずにやってきてよかったとつくづく

この2週間ほどで曲を選び、用意したアレンジを携えて、レッスンに行ってきました。 コード進行も含め、自分が用意したものには特に「決定的な」間違いはなく、〝All Through The Night〟のキーを少し低くしたくらいで、基本的に自分のアイデアに肉付けをして…

音楽を作るのに大切なこと

最近、曲を作った方に、作曲のコンセプトや演奏のコツなどを伺う取材がよくあるのですが、そのコメントにいくつかの共通点があって、興味深いなぁと思っています。 いくつかを挙げると。 ● 難しいコード、和音は簡略化してもいい。 ● だけど、絶対にこここだ…

バッキングはアルペジオにしてみよう

前回の続き、です。 guitar-itsuka.hatenablog.com コード進行をさらい、キーの見当をつけたところで、じゃあバッキングはどうしようか、となるわけです。 今回は、なんとなく、ではあるのですが、どちらの曲もアルペジオでやりたいな、という気持ちがありま…

アンプで音を出し、大きな声で歌ってみてキーを決める

日曜日のことになるのですが、少しまとまった時間をとって、これから練習する2曲のキー決めなどを行いました。 guitar-itsuka.hatenablog.com ここのところ、なかなかギターをアンプにつないで練習、というのができていなかったのですが、今回はやっとこさ、…

2ビートを舐めるな、という教え

昨日の続き、です。 guitar-itsuka.hatenablog.com 続いて〝Cold Cold Heart〟のコードを取っていったのですが。 なんということはなく、すぐに分かってしまいました。。シンプルに3コードなんですね。 youtu.be 1コーラス16小節かと思いきや、最後の4小節に…

新しい曲の練習 まずは自分でコードを探していこう

早いもので、発表ライブが終わってからもう2週間が過ぎようとしています。 次のライブが10月に決まったので、そこで演奏(練習)する曲を早く決めて準備をしよう、ということで、いろいろ考えたのですが、結局ジュールズ・シアーの〝All Throgh The Night〟…

洗練されたお洒落な不良(?) T-ボーン・ウォーカー

MusicRadarに「Tボーン・ウォーカー・スタイルの5つのギター・リック」みたいな記事がUPされていました。 www.musicradar.com 「モダン・ブルース・ギターの父」とも呼ばれるT-ボーン。僕は学生の頃に観た『ブルードレスの女』で知りました。 青いドレスの女…

「ライブ」と「発表会」との違いとは?

今日は、アマチュアの奏者を集めてエレクトーンの自主コンサートを主宰している方にインタビューをしました。 ※エレクトーンという楽器は、なかなか、、ギターにも似ているところもある楽器だと思ったので、それはまた別の機会に……。 話の中で印象に残ったの…

頭の中を「開放」させるために ゴールデンウィークは「こねくり回し」の時間だった

今週のお題「ゴールデンウィーク2018」 昨日は、2週間後に迫った発表ライブのリハーサルでした。 レッスンでは先生と自分の2人だけですが、本番では先生のバンドのピアニストが入って3人での演奏になる。このリハーサルは自分の練習してきたことの確認である…

ジャズ・ピアノのヴォイシングから、自分のギターで出したことのない響きがまだまだたくさんあることを学ぶ

先日のカントリーのリックをブルースに取り入れるレッスンに続いて。 guitar-itsuka.hatenablog.com 今日はジャズ・ピアニストのコード・ヴォイシングをギターに取り入れる、というレッスンをやってみました。 www.premierguitar.com ま、やってみたというか…

晴れた日には弦の交換をしたくなる

GWに入りました。 ギターを習い始めてからというもの、5月、6月に発表ライブがあることが多いため、僕にとってはがっつりと練習する時間がとれる貴重な時期です。 ということで、練習はしたのですが、その前に、やらなきゃいけないことがあった。 弦の交換。…

ブルースに応用できるカントリー・ギターのすすめ

Premire Guitarで、こんな記事を見つけました。 ブルース・ギタリストのための、カントリー・ギター(ハイブリッド・ピッキング)のすすめ、みたいな感じ。 www.premierguitar.com ブルースとカントリーはテクニックやアプローチ、考え方に違いはあれど、音…

弾こうと思うな、弾いたら負けよ

昨日の、続きです。 guitar-itsuka.hatenablog.com まぁ、これは昨日に限らず、いつも先生に言われていることなのですが。 「弾こうと思っちゃダメなんですよ」というのです。 「弾こう、弾いてやろう、なんて思っていると、力みすぎてカタくなっちゃったり…

指弾きの精度を上げて、エフェクトの研究という新たな課題。

いつもはレッスンは1ヶ月に1回、としているのですが、前回、少し不安を感じたので、今回は約2週間のインターバルで、今日改めてレッスンに臨みました。 前回のレッスンのことは、こちらに記しました。 guitar-itsuka.hatenablog.com 何が不安だったかという…