40→70 ギターでデビューする!

40歳でギターを始め、5年が経ちました(2018年現在)。無謀にも70歳までにデビューするという目標を立てているのだが、はたして……? 普段はライター業をしています。

フランスの若きジャズ・ギタリスト トム・イバラを知る

アイバニーズの YouTube チャンネルで、トム・イバラというフランスのギタリストを知りました。 youtu.be ちょっとパット・メセニーみたいな香りも感じます。ロックとかも好きなんでしょう。 彼がこの動画で使っているのは、Artcore Expressionist シリーズ…

.strandberg* の新しいギター、Sälen の全貌が明らかに!

今年2月に開催された NAMM Show でも展示されていた、.strandberg* の新しいギター、Sälen の全貌が、ついに明らかになりました。 **ANNOUNCEMENT*** We are very pleased to announce the arrival of the new .strandberg* Sälen model, now available for …

15分、30分でできる曲なんて、本当は存在しない

今日は、あるシンガー・ソングライターのインタビューをしました。 そこで伺った言葉には印象に残るものや、思わず膝を叩いてしまうものがいくつかあったので、ここに記しておこうと思います。 15分、30分で曲ができる、というのは違う よく「この曲はピアノ…

単調なコード進行に味付けをして遊んでみるとめっちゃ楽しい!

せっかくなので、先日見た記事の内容を、自分の練習に取り入れてみました。 guitar-itsuka.hatenablog.com シンプルなコード進行を持つ曲ほど、自分の色を付けやすい、と記事では言ってます。 僕が今取り組んでいる〝Cold Cold Heart〟もシンプルこの上ない…

やはりギターは軽いほうがいい、と考えると、Traveler Guitar は使えるかも

Traveler Guitar が ESP のブランド、LTD とコラボしたモデルが、Traveler Guitar のサイトでプレゼントに出ていて、思わず応募してみようと思ったのですが、応募できる(賞品を送れる)人はアメリカ在住限定、となっているようでした…(笑)。残念。 travel…

曲の「骨格」を考えること シンプルな構成の曲から探るハーモニーの可能性

Premire Guitar に〝Lonesome Chords: A Simple Song Opens Harmonic Doors〟というページがありました。 www.premierguitar.com 「シンプルな構成の曲から探るハーモニーの可能性」みたいな感じでしょうか。 ハンク・ウィリアムスの代表曲〝I’m So Lonsome …

奥底に流れる確としたブルース チャールズ・ロイド & ザ・マーヴェルズ + ルシンダ・ウィリアムスの『Vanished Gardens』を聴く

改めて、チャールズ・ロイド & ザ・マーヴェルズ + ルシンダ・ウィリアムスの『Vanished Gardens』を聴きました。 VANISHED GARDENS アーティスト: CHARLES & THE LLOYD 出版社/メーカー: BLUEN 発売日: 2018/06/29 メディア: CD この商品を含むブログを見…

青春の忘れ物に、改めて向き合わせてくれた『レコード・コレクターズ』のセッションギタリスト特集

少し古い話になりますが。 先の旅行で、飛行機の中で読もうと思って買っておいたのが、『レコード・コレクターズ』の6月号。 ぶっちゃけ、レココレなんて買うの、一体いつ以来だろう? と思うくらい、遠ざかっていました。 だけど、このジャケを見たら、手に…

旅で見つけた新たな目標

ナポリの後、ローマを3日ほど見て、日本に帰ってきました。 写真は、市内を流れるテヴェレ川。遺跡とかがガンガンある市の中心からこの川を渡ったトラステヴェレ地区には美味しいレストランもたくさんあって気に入りました。 帰ってきた日、ついついウディ・…

ナポリという街の色気。これは一体何なのだ

アッシジの後、一気にナポリまで南下しました。 港ごしにヴェスヴィオ山を望みます。「ナポリを見てから死ね」とは誰が言ったのだったか。確かに、言われれば人を誘う何か色気のようなものがあるような気がします。 そして、下町(スパッカ・ナポリ)も色っ…

喋るように弾く鍵は、喋ることにあり?

カトリックの聖地、アッシジにやってきました。 聖フランチェスコで有名で、クラシック音楽には彼をモチーフにした有名な楽曲が、メシアンのをはじめ、いくつかあります。しかし、というか。 それよりも(?)、食事が美味しい。マジで美味しい。トリュフが…

あらゆる学問は芸術であり、ジャンルレスだ。

昨日フィレンツェに着き、今日はスペーコラというちょっとマニアックな博物館に行ってきました。何がマニアックかというと、人体解剖についての研究というか、人体の解剖図を蝋で作った模型で表現しているのです。しかも、リアルに。 ※ 写真は、撮りませんで…

スタンダードの安心感、そして少しの郷愁

ボローニャでラグーのタリアッテレ、いわゆるボロネーゼのパスタを食べました。お腹を空かせていたので、がっつくように食べてしまいました。いやぁ、美味い。パルミジャーノチーズをたっぷりとかけて。と、その時、どこからか「マイ・ウェイ」のメロディが…

パドヴァで出会ったイタリアンギター

ベネツィアから、パドヴァという大学で有名な街へと移動。そこで、えっと、ブランド名をど忘れしてしまったけれど、ヴェネツィアのルシアーによるギターを見つけました。店の奥には、イタリアンヴィンテージの傑作、ヴァンダレの姿も見えましたが、シエスタ…

生活からリズムを感じること

イタリアに来て5日ほど。ミラノを離れてヴェネツィアにやってきました。正直、観光地にはほとんど興味がないのですが、ヴェネツィアだけは別、のような気がします。こんなに気分が上がるとは思いませんでした。こんな、海に浮かぶ迷路のような街を作るなんて…

イタリアにやってきました。

昨日、日本を出発し、イタリアはミラノにやってきました。2週間ほど、妻とイタリア主要都市を巡ります。ミラノの鉄道駅。天井が高い。ホテルはすぐそばなので、地下にあるスーパーで惣菜やワインを買って部屋で食べて寝ることにしました。機会があればこち…

デザインの未来を感じる Millimetric Instruments のギター

ここのところ気になっているのが、カナダ・モントリールを拠点にする Millimetric Instruments のギター。 先月ベルリンで開催された、Holy Grail Guitar Show にも出展していたようです。 youtu.be 何より印象的なのが、この POP なデザイン。フェンダーや…

レッスンに行ってきた ギターをここまで諦めずにやってきてよかったとつくづく

この2週間ほどで曲を選び、用意したアレンジを携えて、レッスンに行ってきました。 コード進行も含め、自分が用意したものには特に「決定的な」間違いはなく、〝All Through The Night〟のキーを少し低くしたくらいで、基本的に自分のアイデアに肉付けをして…

音楽を作るのに大切なこと

最近、曲を作った方に、作曲のコンセプトや演奏のコツなどを伺う取材がよくあるのですが、そのコメントにいくつかの共通点があって、興味深いなぁと思っています。 いくつかを挙げると。 ● 難しいコード、和音は簡略化してもいい。 ● だけど、絶対にこここだ…

ロバート・アール・トーマスを聴いて感じた〝横に広がっていく音〟

たまたま見つけた、ロバート・アール・トーマスというギタリストの作品が、ちょっとクセになりそうです。 ブルックリンでWindowspeak というバンドをやっているそうですが、これは初のソロ作とのこと。 youtu.be どこが、って、この、ギタープレイがどうこう…

バッキングはアルペジオにしてみよう

前回の続き、です。 guitar-itsuka.hatenablog.com コード進行をさらい、キーの見当をつけたところで、じゃあバッキングはどうしようか、となるわけです。 今回は、なんとなく、ではあるのですが、どちらの曲もアルペジオでやりたいな、という気持ちがありま…

アンプで音を出し、大きな声で歌ってみてキーを決める

日曜日のことになるのですが、少しまとまった時間をとって、これから練習する2曲のキー決めなどを行いました。 guitar-itsuka.hatenablog.com ここのところ、なかなかギターをアンプにつないで練習、というのができていなかったのですが、今回はやっとこさ、…

2ビートを舐めるな、という教え

昨日の続き、です。 guitar-itsuka.hatenablog.com 続いて〝Cold Cold Heart〟のコードを取っていったのですが。 なんということはなく、すぐに分かってしまいました。。シンプルに3コードなんですね。 youtu.be 1コーラス16小節かと思いきや、最後の4小節に…

新しい曲の練習 まずは自分でコードを探していこう

早いもので、発表ライブが終わってからもう2週間が過ぎようとしています。 次のライブが10月に決まったので、そこで演奏(練習)する曲を早く決めて準備をしよう、ということで、いろいろ考えたのですが、結局ジュールズ・シアーの〝All Throgh The Night〟…

Holy Grail Guitar Show に出展されたギターが個性的すぎて素敵

Premire Guitar が、今月初めにドイツ・ベルリンで行われたHoly Grail Guitar Show の出展者たちのギターのデモ動画を続々UP しています。 僕も気になるギターがたくさんあって、いろいろ観てしまいました。 ※英語が分かれば、より楽しめると思うのですが………

観客の人生の、何分かを自分の演奏がいただく、ということ

先日の取材の原稿を書いていて、というかテープ起こしをしていて。 guitar-itsuka.hatenablog.com ライブに出演を希望する人の中にはただ「自分が演奏したい」というだけ人が多いので、ちゃんと意識を持ってもらうために「お客様の4分間をいただくのだから」…

洗練されたお洒落な不良(?) T-ボーン・ウォーカー

MusicRadarに「Tボーン・ウォーカー・スタイルの5つのギター・リック」みたいな記事がUPされていました。 www.musicradar.com 「モダン・ブルース・ギターの父」とも呼ばれるT-ボーン。僕は学生の頃に観た『ブルードレスの女』で知りました。 青いドレスの女…

演奏には人の欲、邪念、すべての感情が出てしまう

この前の日曜日は、ここ何ヶ月か練習してきた曲を披露する発表ライブでした。 その2週間前にリハーサルを行い、現実を思い知ったのと、、ライブが近づくにつれてなぜか仕事が忙しくなりだしだこともあり、もうぶっつけ本番的にエイヤっと臨んだのでした。 gu…

ロスト・ハイウェイからセレンディピティへ つながる記憶

昨日の続きで。 guitar-itsuka.hatenablog.com そういえば、アイルランド出身のバップ・ケネディがハンク・ウィリアムスの〝Lost Highway〟をカヴァーしていたなぁ、と思い出したり。 youtu.be そうか、、彼は2016年に亡くなっていたのか……。 もう15年以上前…

ハンク・ウィリアムスとジュールズ・シアーという組み合わせはいかがだろう

発表ライブが間近に迫ってきたのだが、こんな時に限って仕事が立て込んでしまい(いや、とてもありがたいことなのですが…)、直前の追い込み、みたいな猛練習的なものができずに今日まできてしまいました。 でもこれは、いつもの自然体でライブに臨みなさい…